【第五人格チェイス動画/Identity5】レオの思い出×ジョゼフ

今回もチェイス動画ではないんですが、以前
「ゲート開放後に危機一髪ないのに救助に行くのはやめよう」
っていう記事を書きまして

今回は純粋なチェイス動画ってわけじゃないんですが、低ランク帯のサバイバーでありがちなミスについて書きます。 それはずばり...

今回はその逆の話です。

通電後はかなりの確率でハンターが「引き留める」を発動していて、ノーダメのサバイバーでも一撃でダウンしてしまうため、ゲートが開いていて二人以上が出れるのであればさっさと出ましょう、というのが定石なんですが、これの例外として、

①銃や🦉など、救助に確実性を持たせるアイテムを持っている
②ボロがある
③仲間が座らされている椅子がゲートの近くにある(ボロの20秒間で走ってゲートまで間に合う位置にある)

この三つの状況が満たされる場合は、積極的に救助に行きましょう。

そして救助される側も、自分の座らされた椅子の位置とゲートの位置を把握した上で、救助後にボロが効いていた場合は、一目散にゲートまで向かいましょう。途中、わざとハンターに殴られて加速をつけるというのもひとつの技です。

というわけで、本日は以上です。参考になれば幸いです。ありがとうございました😃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする